ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーに含まれるビオプテリンとは?

健康食品として長年、高い人気を保ち続けているローヤルゼリーは、いくつかの特有成分を含んでいます。あまり聞き慣れない名前のビオプテリンもそのひとつです。ビオプテリンとはどんな物質なのでしょうか?

1.ローヤルゼリーの特有成分ビオプテリンとは?

ビオプテリンは酵素の働きを補助する補酵素のひとつで、人の体内で合成することができる物質です。テトラヒドロビオプテリンという物質が、活性酸素を分解したときにできる酸化分解産物がビオプテリンです。

2.補酵素とは?

酵素といえば消化酵素がよく知られていますが、酵素は消化だけではなく、吸収、代謝、排泄など、生命の活動全般に深く関与しています。酵素は体内で作られるたんぱく質が元になって構成されていて、熱に弱い性質があり、熱が加わるとその働きを失ってしまいます。この酵素の働きを補助するのが補酵素で、ビタミンやミネラルなどがあります。

3.ビオプテリンの働き

3-1.生活習慣病の防止
ビオプテリンは抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあります。人の 呼吸により体内に取り入れる酸素のうち約2%が活性酸素になると考えられています。活性酸素は強い酸化力を持ち、細菌を撃退し、体を病気から守る大切な役割を果たしますが、増えすぎると体内を酸化させ、錆びさせてしまう有害物質に変わります。体内の酸化が進むと糖尿病や肝機能低下など、やがて生活習慣病をひき起します。しかしビオプテリンの働きにより体内の余剰の活性酸素が除去されると、生活習慣病を予防する効果が高まります。

3-2.アンチエイジング効果
肌の老化が進めば、シワ、たるみ、シミの原因になります。ビオプテリンの活性酸素を除去する働きが肌の老化防止に役立ち、アンチエイジングと美肌効果をもたらします。

3-3.成長の促進
ビオプテリンは成長促進作用があり、細胞の成長に関わり、特に子供の成長を助長することが期待できると更なる研究が進められています。

3-4.意欲、やる気を出す
ビオプテリンは神経伝達物質のひとつのドーパミンという脳内ホルモンの分泌に関与しています。ドーパミンは人の行動を促し、活力を生み出し、やる気や集中力を高める働きがあります。

4.ビオプテリンが不足すると?

ビオプテリンが不足すると難治性の神経系の疾患であるジストニアや狂犬病などの病気になる可能性があります。

5.ローヤルゼリーで活性酸素を減らす

ローヤルゼリーを摂取することにより、ビオプテリンが余剰の活性酸素を除去し、老化防止、生活習慣病の予防、美肌作りに働きます。活性酸素は呼吸のほかにもストレス、添加物の摂りすぎ、不規則な生活、激しい運動、喫煙、飲酒、紫外線、排気ガス、ダイオキシンなどによって増加します。

活性酸素はビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カロテノイド、グルタチオン、カタラーゼなどの成分と結びついて無害になります。
これらの成分を含む食品は人参、かぼちゃ、ほうれん草、ピーマンなどの緑黄色野菜、ブルーベリー、キウイ、ブドウなどの果物、大豆、にんにく、ねぎ、ごぼう、緑茶などがあります。

このような食品を積極的に取り入れ、更にローヤルゼリーを継続的に服用することにより、活性酸素の害から体を守り、健康と美肌を保つことができるでしょう。