ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

外国産のローヤルゼリー

ローヤルゼリーは国産と外国産のものが販売されています。現在の市場では、外国産のものが大半を占めています。外国産のローヤルゼリーは国産品とどのような違いがあるのでしょうか。製造方法、販売価格、品質など、外国産のローヤルゼリーの特徴についてまとめてみました。

外国産のローヤルゼリー


(1) 主な輸入先
ローヤルゼリーは、以前は国内での生産が多かったのですが、近年、ミツバチの生息に適した場所が土地開発や土壌汚染などで減少したこと、また養蜂家の後継者不足などがあり、国内での生産量は減少し続けています。そのため現在、市販されているローヤルゼリーの大半は外国産のものです。
外国産のローヤルゼリーの輸入先は、中国、台湾、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、ブラジルなどの国々で、中でも中国からの輸入が90%以上を占めます。


(2) 外国産の安全性
ローヤルゼリーに限らず、外国産で最も気になるのが商品の安全性についてです。
市販されているローヤルゼリーの中には産地がはっきりせず、内容表示についても詳しく書かれていない商品も販売されています。

外国産のローヤルゼリーで、安心して摂取できる目安として、 全国ローヤルゼリー公正取引協議会の公正マークがついている商品を選ぶのもひとつの方法です。 この公正マークのついた商品は安全性が高く、信頼がおけると考えて間違いありません。

外国産のローヤルゼリーは輸入先の企業が製造、販売しているものと、日本の企業が現地で製造しているものがあります。日本の企業が製造しているものは、ミツバチの生育環境から衛生、製造、出荷が厳しく管理されているところが多く、そういった企業の商品は安全度が高いといえます。

国別の特徴


中国

ミツバチは温暖な土地に生息するので、広大な土地を有し、温暖な場所を確保できる中国が主な輸入先となります。また日本とは距離的にも近いので、鮮度が重要な要素であるローヤルゼリーにとって、輸送にかかる時間が短絡できるところも利点です。

台湾

台湾もローヤルゼリーを生産するのに適した気候で、 管理、衛生面などでも信頼できる設備が整い、質の高い製品を安定して供給しています。

タイ

タイは年間を通じミツバチを生育するのに適した気候に恵まれた国です。タイ産のローヤルゼリーは濃厚で人気も高いです。 現地生産している日本の企業もあり、安全性も高くなっています。

ベトナム

ベトナムからの輸入はそれほど多くありませんが、人件費の違いから、国産品に比べかなり安い価格で購入できるという特徴があります。ベトナムは上質なローヤルゼリーを生産している国です。

オーストラリア、ニュージーランド

オーストラリア、ニュージーランドからの輸入はそれほど多くありません。地理的に遠くなるので、輸送に時間がかかるというデメリットがあります。しかしどちらも品質は高く、デセン酸の量も多く含まれています。

ブラジル

ブラジルでは主に北部の熱帯地域でローヤルゼリーが作られています。ブラジルには日本と違う種類のミツバチが生育し、製造技術、品質共、高いのですが、地理的に日本とは最も遠い場所に位値している国で、鮮度の問題と、送料が高くかかるという欠点があります。

まとめ

外国産のローヤルゼリーは国産品に比べると、全体的に価格が安いものが多いです。心配される安全性、品質ですが、しっかりと生産、管理、販売がなされている商品も多くあります。表示ラベルをよく読み、安心して摂取できる商品を選ぶようにしましょう。通販で買う場合、購入者の口コミ、評価も必ずチェックしてからオーダーするようにしましょう。