ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

北海道産のローヤルゼリー

国産のローヤルゼリーのうち、今回注目するのは北海道産のローヤルゼリー。広大な自然の中で育まれた北海道産のローヤルゼリーについて、その力や貴重さなどをご紹介します。

北海道産のローヤルゼリーは、国内で消費されるローヤルゼリーのうちわずか1パーセントほどのとても貴重なものです。外国産ローヤルゼリーのうち、大半は中国製の万尾で、大気汚染や作り手の衛生状況などの影響が懸念されます。一方、国産のローヤルゼリー一般に言えることですが、日本人は真面目で仕事にこだわりを持っているため、作られるローヤルゼリーも高品質な傾向があります。通常のローヤルゼリー生産では、72時間経ってから採取するやり方が主流です。その方が効率が良く、楽に大量のローヤルゼリーを収穫できます。しかし、北海道では栄養価の高さや鮮度を重視し、48時間以内に採取する方法を採用している生産者もいます。こうすることで、より新鮮で高品質なローヤルゼリーが生まれているのです。

通常ハチが活動するのは温かい季節なので、寒冷な気候の北海道ではあまり生産の効率が良くありません。しかし、北海道は自然が豊かで、広い面積を持っています。空気の汚染もほとんどなく、密集して育てられるより病気のリスクも少なく、全国的に見ても伝染病の発生が極めて少ないのが特徴です。ローヤルゼリー生産は、人口王台づくりから幼虫の移動、採取など人の手で丁寧に行われています。

残念なことに、北海道では近年ハチミツの生産量の低下に伴い、ローヤルゼリーの収穫も減少しています。平成17年は、ハチミツの生産量が約354トン、ローヤルゼリーの生産量が約322キロありました。しかし、それから10年後の平成27年では、ハチミツの生産量は約288トン、ローヤルゼリーの生産量は45キロにまで減少しています。養蜂業者の数は横ばいのままで、あまり変化してはいません。生産量低下の原因は、自然環境の悪化が主な原因ではないかと考えられます。もともと貴重なものであった北海道産のローヤルゼリーは、年々貴重な存在になっているのです。