ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーで中性脂肪改善

中性脂肪は大切なエネルギー源です。しかし食事の偏りや運動不足で中性脂肪が余分に蓄積されると、脂質異常症や動脈硬化の原因になる恐れがあります。改善せずに放置すれば狭心症や心筋梗塞などの深刻な病気に繋がります。中性脂肪を減らすにはローヤルゼリーの摂取が効果的です。

中性脂肪とは?

食事から摂る脂質はそのほとんどが中性脂肪で、小腸で吸収された後、血液中に入り、臓器の維持などの生命活動に使われ、余分は肝臓や脂肪組織に貯蔵されます。

贅肉と呼ばれる皮下脂肪のほとんどが中性脂肪です。健康診断の検査でTG と書かれているのが中性脂肪の値で、トリグリセリド、またはトリグリセライドと呼ばれています。

正常な中性脂肪値は?

中性脂肪値は全国で統一された数値がなく、医療機関や学会により見解が異なります。

公益社団法人、日本人間ドック学会では正常な中性脂肪値は30〜149mg/dlで、150〜399mg/dlは食生活の見直しと運動による生活改善が必要な要経過観察となり、400mg/dl以上になると病院での精密検査、あるいは治療を要すとしています。低すぎる中性脂肪値も問題があり29mg/dl以下は低栄養などの疑いがあり要注意が必要です。

中性脂肪が増えすぎると?

中性脂肪は人の生命維持に必要ですが、血液中の中性脂肪の値が高くなりすぎると動脈硬化の原因になる可能性があります。そのまま何もせずにいると心筋梗塞や糖尿病、脳梗塞などになる危険性が高まります。また、肝臓への中性脂肪の蓄積が進むと脂肪肝になり、肝機能が低下し肝硬変や肝臓がんの恐れも出てきます。

血液中の中性脂肪が増えると悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減少します。

中性脂肪の増え過ぎの原因は消費カロリーより摂取カロリーの方が多いためで、ご飯やパンなどの炭水化物の摂り過ぎや、お酒の飲み過ぎも中性脂肪を蓄積させます。

ローヤルゼリーの力

ローヤルゼリーはミツバチの女王バチが生涯にわたり食べ続ける栄養価の高い
特別な食品です。女王バチは働きバチより2〜3倍の大きさの体と、20〜40倍の寿命、そして毎日1500個以上の卵を産む力を持ちます。女王バチも働きバチも遺伝的には同じなので、この差が生じるのはローヤルゼリーの成分にあると考えられています。ローヤルゼリーには中性脂肪を減らす効果のある成分も含まれています。

ローヤルゼリーの中性脂肪を減らす成分


(1) アミノ酸
ローヤルゼリーは人の体内では合成されない必須アミノ酸9種類と15種類の非必須アミノ酸を含みます。

これらのアミノ酸を摂取し、運動を取り入れることにより脂肪分解酵素のリパーゼが活性化され脂肪を減少する効果が得られます。運動はジョギングやウォーキング程度でも脂肪の燃焼に繋がります。

(2) ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)
ローヤルゼリーに含まれるビタミンB群は代謝を促す酵素の働きを助ける作用があります。中でもビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸は脂肪や糖の代謝の働きを補助し、脂肪燃焼の促進を助けます。

(3) デセン酸
ローヤルゼリーの特有成分のデセン酸は、研究により、血液中のコレステロール値を下げる働きがあることが確認されています。デセン酸は血中の善玉菌を増やし、中性脂肪を増やす働きを阻止すると考えられています。
デセン酸はインスリンに似た働きがあり血糖値を下げ、血圧を安定させ、中性脂肪の増加を抑制します。

中性脂肪を下げる生活習慣

中性脂肪を下げるためには食生活の見直しと適度な運動が必要です。動物性脂肪や糖分の多い食事を避け、イワシやサバ、サンマなどの青魚などを積極的に取り入れるようにします。

運動はジョギング、ウォーキング、サイクリング、水泳などの有酸素運動が効果的です。その上でローヤルゼリーを継続的に取り入れると、中性脂肪の改善により一層効果があります。