ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ニュージーランド産のローヤルゼリー

国内で消費されているローヤルゼリーのほとんどが外国産です。日本から近い中国や台湾、タイなどアジア圏からの輸入量が多いのですが、ニュージーランドからも輸入しています。今回はそのニュージーランド産のローヤルゼリーについて、ニュージーランドの養蜂の特徴に触れながら解説します。

ニュージーランドは温暖な気候で、人口があまり多くないため、きれいな自然環境が保たれています。そして、ニュージーランドでは養蜂が盛んに行われています。海に囲まれた小さな島国なので、他の大陸とはかなり距離がある上に、島の外からの病原菌やウイルスが入ってこないように検疫がしっかりしていているので、ミツバチが病気になることはほとんどありません。そもそもニュージーランド国策でミツバチに抗生物質を与えてはいけないことになっています。ニュージーランドでは養蜂に適した環境が整っているのです。そして、このような環境で育った健康なミツバチは、安心で安全なローヤルゼリーを作り出してくれます。

また、広大な国土を活かして、オーガニックのローヤルゼリーを採取できるのもニュージーランドの養蜂の特徴のひとつです。ニュージーランドはオーガニック先進国でもあります。オーガニックのはちみつやローヤルゼリーを採取するためには、ミツバチの移動距離である2km四方の敷地内の植物がオーガニック栽培でないといけません。ニュージーランドでは政府の機関がオーガニック認証を行っています。3年以上農薬や化学肥料を使っていない土壌で栽培した花であることなど、厳しい基準をクリアしたものだけがオーガニックの認証を受けることができます。

ニュージーランドは日本と同じように四季がありますが、地球の南側に位置しているので日本とは季節が真逆です。このため、日本が冬でローヤルゼリーの採取ができないときの不足分は、ニュージーランド産のものでまかなうことができます。

私たち日本人は国産のものをありがたがる傾向にありますが、こうしてみるとニュージーランドのローヤルゼリーの高品質さが伺えます。いくら国産のものでも、汚染された大気の中で飼育されたかもしれないようなミツバチのローヤルゼリーでは意味がありませんからね。