ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーと女王蜂の関係性

ローヤルゼリーは女王蜂の専用特別食。
そんなローヤルゼリーと女王蜂には、どのような関係性があるのでしょうか?
女王蜂と他の働きバチとの違いについても触れながら、女王蜂とローヤルゼリーの密接な関係についてご紹介します。

そもそも女王蜂と普通の働きバチの違いは何なのでしょうか?
実は、女王蜂も働きバチも卵の時には違いがありません。王台という特別な部屋に産み付けられた女王蜂候補の幼虫は、はじめは皆ローヤルゼリー(正確にはローヤルゼリーより栄養価の劣るワーカーゼリーというもの)を与えられます。しかし生まれて4日目からは、食べるものが明確に区別されます。女王蜂になるハチは、その後も一生ローヤルゼリーだけを食べますが、働きバチになるハチは、花粉やはちみつを食べていくことになり、その後ローヤルゼリーを食べることはできません。

ローヤルゼリーを食べる女王蜂は、同じ卵から生まれたにも関わらず、他の働き蜂とは大きく異なる特徴を持つようになります。まず、女王蜂の身体の大きさは、普通の働きバチの2~3倍近くにまで、かなり大きく育ちます。また、寿命も2~3年ほどで、普通の働き蜂の30~40倍長生きします。中には6年も生きる女王蜂もいます。また、女王蜂は働きバチとは違い、生殖能力を持ち、卵を産むことができます。しかも、女王蜂が一日に産む卵の数はなんと1000~2000個ほど。この差をもたらすのは、すべてローヤルゼリーのおかげだと考えられています。

女王蜂の役目は、卵を産んで子孫を増やしていくことだけです。女王蜂は、基本的には交尾と卵を産むこと以外はしません。食事すら他のハチに口移ししてもらって食べています。毎日多くの卵を作り出すことができるのも、やはり栄養価の高いローヤルゼリーのおかげです。

しかし、今の研究段階では、どの成分が女王蜂の寿命を伸ばし、身体をここまで大きくしているのか判明していません。その成分は、ローヤルゼリーの頭文字をとって「R物質」と名付けられ、現在も研究が進められています。ローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸やアピシンがR物質の正体なのではないか、R物質は複数の物質なのではないか、など様々な議論があります。

いずれにせよ、女王蜂が女王蜂になることができるのはローヤルゼリーの効果で、女王蜂とローヤルゼリーには切っても切れない深い関係があることは確かです。ローヤルゼリーなしに女王蜂が存在することはできないのです。