ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーはどうやって作られる?

ローヤルゼリーはどうやって作られるのかご存知ですか?
はちみつと同じくハチの巣から採取されますが、ハチたちはどうローヤルゼリーを作っているのでしょう。この記事では、ローヤルゼリーのもとになっている物や、具体的な作り方についてご紹介します。

まず、ローヤルゼリーははちみつと同様にミツバチが作るものです。はちみつの原料が主に花の蜜であるのに対し、ローヤルゼリーは花の花粉が主原料です。ローヤルゼリーは、ミツバチの中でも生後10日程度の若い働きバチでないと作ることができません。この若い働きバチが花粉やはちみつを食べて、一度体内に入れます。その後、消化器官で体内の消化液と合わせて分解し、栄養素を合成して口から分泌される物質がローヤルゼリーです。ハチの口の中には、上アゴと下アゴなどにローヤルゼリーを分泌する咽頭腺という器官があります。

ローヤルゼリーは乳白色をしたクリーム状の物質で、その見た目から王乳とも呼ばれています。分泌されたローヤルゼリーはハチの唾液などの消化液を使って一度消化されたものなので、もともと材料だった花粉や花の蜜とは全く違う状態に変化しており、栄養も非常に吸収しやすい形になっています。王台と呼ばれる女王バチ専用のスペースに分泌され、女王バチになるハチはこの王台の中でローヤルゼリーに囲まれて生育されます。女王バチは一生ローヤルゼリーのみを食べて生き、他のハチにはない大きな体や生殖機能を得ます。このため、ローヤルゼリーは女王バチの特別食とも言われています。

実は、女王バチだけでなく生後まもない働きバチもローヤルゼリーを与えられます。生後4日目以降になってもローヤルゼリーを与えられ続ける幼虫のみが女王バチになれるのです。また、はちみつを作る際にミツバチの口の中からローヤルゼリーが分泌されるので、はちみつの中に微量ではありますがローヤルゼリーが含まれています。