ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーに含まれるビタミンBって?

ローヤルゼリーには、ビタミンB群が豊富に含まれています。では、そのビタミンB群は具体的にどのビタミンで、どのような働きをするのでしょうか?この記事では、ローヤルゼリーに含まれるビタミンBについてくわしくご紹介します。

ビタミンBは水溶性のビタミンで、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類があります。これら8種類のビタミンB群は、お互い機能をサポートしながら体内で働いています。ローヤルゼリーには、この8種類のビタミンB群が全て、豊富に含まれています。ローヤルゼリーには、この他にもわずかなビタミンCや、イノシトールなどのビタミン様物質が含まれています。

ビタミンB1は糖質、ビタミンB6は脂質やタンパク質の代謝に主に関係しているビタミンです。糖質や脂質、タンパク質などのエネルギー源を食事から摂取しても、それをエネルギーに変えるときにはビタミンB1やB6が必要です。この二つのビタミンが足りなくなってしまうと、エネルギー不足により疲れやすくなってしまいます。特に、主食であるお米やパン、パスタなどをエネルギーに作り変えるためには、ビタミンB1が欠かせません。また、ビタミンB2はエネルギーを作る際全般に使われるエネルギーです。ビタミンB2が不足すると、肌や髪の毛がボロボロになったり、目が充血したりします。

ナイアシンもエネルギーの代謝に関わるビタミンです。さらに、ナイアシンはアルコールを分解する際にも欠かせません。皮膚病予防や、脳神経のサポートをする役割もあります。ビオチンは、エネルギー代謝や髪・皮膚の健康を保つために必要なビタミンです。ビオチンが足りないと、脱毛や白髪などが起きたり、肉体的にも精神的にも疲れやすくなったりします。

ビタミンB12と葉酸は貧血予防に欠かせないビタミンです。ビタミンB12は、酸素を運ぶ赤血球を作ったり補修したりするほか、精神の安定にも関わっています。葉酸は造血作用を助けたり、タンパク質を合成したりします。細胞を新しく作る際にも活躍します。葉酸は妊娠時に多く消費されるので、妊婦の方は通常の2倍近い量が必要と言われています。

ローヤルゼリーを摂っていれば、これらのビタミンB群はたっぷり摂取することができるので、欠乏の心配はありません。また、ビタミンBは水溶性ビタミンであるため、万が一摂りすぎたとしても体内には留まらないので、過剰摂取の心配はありません。ローヤルゼリーは、健康を保つために必要なビタミンB群が全て含まれている、実に理想的な健康食品なのです。