ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーとビタミンE

ビタミンEが添加されているローヤルゼリーが販売されています。ビタミンEそのものの効果と、ローヤルゼリーと一緒に摂取することによる相互作用についてまとめてみました。

1.調整ローヤルゼリーに添加されているビタミンE

元々、ローヤルゼリーに含まれるビタミンは水溶性のビタミンB群で、脂溶性のビタミンEは含まれていません。
ローヤルゼリーは生、乾燥、調整タイプがあり、調整ローヤルゼリーにビタミンEが添加されているものが市販されています。

1-1.ビタミンEの種類
ビタミンEは1920年代に、アメリカ人の学者により不妊に関する実験から発見されました。ビタミンEはトコフェロールとトコトリエノールに大別され、それぞれα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)トコフェロールとトコトリエノールの8種類を合わせてビタミンEと呼んでいます。食品の中に最も多く含まれているビタミンE はα-トコフェロールという種類です。

1-2.ビタミンEの働き
・強い抗酸化作用により、老化の原因となる活性酸素を除去します。

・善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を予防します。

・毛細血管を広げ、血行不良を改善します。

・活性酸素による赤血球の減少を防止し、溶血性貧血を防止します。

・肌のしみやしわを防ぐ美肌効果があります。

・女性ホルモンの分泌を助け、更年期障害の予防と改善に働きます。

・男性ホルモンの分泌を助け、精力減退を改善し生殖機能を向上させます。

1-3.ビタミンEを多く含む食品
ビタミンEは植物油(ひまわり油、サフラワー油、米ぬか油、なたね油など)やナッツ類(アーモンド、ピーナッツ、ヘーゼルナッツなど)、魚介類(あゆ、にじます、うなぎ、はまちなど)小麦胚芽、マヨネーズ、卵、かぼちゃ、赤ピーマンなどに多く含まれています。

1-4.ビタミンEの不足と過剰症は?
ビタミンEの欠乏症はごくまれにしかないので、不足については余り心配する必要はありません。長期にわたり不足した場合、溶血性貧血や神経症状が出ることがまれにあります。

ビタミンEの摂り過ぎについても心配することはほとんどなく、 過剰症は報告がありません。脂溶性ビタミンは体内に蓄積されますが、ビタミンEは吸収される量が調整されるので、特に問題はないとされています。

1-5.ビタミンEの一日の摂取目安量
厚生労働省発表の日本人の食事摂取基準2015年版によると、ビタミンEの一日の摂取目安量は成人男性が6.5mg、成人女性が6.0mg、妊婦は6.5mg、授乳中の方は7.0mgが目安量になります。

2.ビタミンE入りローヤルゼリーはビタミンCとも相互作用あり

ローヤルゼリーとビタミンEは相性がよく、うまく作用し合って働きます。ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると抗酸化力を更に高めることができます。しかしそのためにはビタミンB2の働きが必要となります。ローヤルゼリーにはビタミンB2が含まれています。従って相互作用を活用するためには、ローヤルゼリーとビタミンE、そしてビタミンCを一緒に摂るとよいでしょう。

ローヤルゼリーにビタミンCはほとんど含まれていないので、ビタミンCを含むブロッコリー、ケール、赤ピーマン、芽キャベツ、いちごなどを一緒に食べましょう。

3.ビタミンE入り調整ローヤルゼリーの利点は?

調整ローヤルゼリーはローヤルゼリーそのものの含有量は少なくなりますが、ビタミンEが添加されているものは、ビタミンEの効果を同時に得ることが出来る利点があります。生ローヤルゼリーに比べ価格も低めで、ローヤルゼリー独特の酸味もなく飲みやすくなっています。保存も簡単で、職場などへの持ち運びもできます。

ローヤルゼリーと一緒にビタミンEの効果を得たい方にはビタミンE入り調整ローヤルゼリーがおすすめです。ビタミンCを含む食品を一緒に摂ることも忘れないようにしましょう。