ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

生ローヤルゼリーの弱点とは?

加工されていない生ローヤルゼリーには多くのメリットがある反面、いくつかの弱点も存在します。
この記事では、生ローヤルゼリーの弱点を4つの項目に分けてご紹介します。

1.ローヤルゼリーの弱点

1-1.風味にクセがある
まず生ローヤルゼリーの最大の弱点は、風味が良くないという点です。
ローヤルゼリーと同じく、ミツバチが作るものにはちみつがあります。 はちみつは糖度が80%と非常に高く、甘くて美味しいですよね。 しかしローヤルゼリーの糖度は10%前後と低く、はちみつのように甘くはありません。
またローヤルゼリーには、軽く舌を刺すような刺激のある酸味や、発酵食品のような独特のニオイ・風味があります。

なかには、ローヤルゼリーの独特の味がクセになってしまうほど好みだという方もいますが、苦手な方が多いです。 いくら健康によいといっても、食べたくない食品を摂り続けるのは困難ですよね。

なお生ローヤルゼリーの風味はヨーグルトやアイスなどと一緒に食べるなどの方法で和らげることができます。

1-2.品質維持が難しい
次に、生ローヤルゼリーは品質を保つのが難しいという弱点があります。

通常、生ローヤルゼリーは生鮮食品と同じ扱いをされるので、賞味期限は常温では数日程度です。
冷蔵庫や冷凍庫に保存しておけば、より長い期間楽しむことができます。 ただし保存期間が長くなればその分鮮度が落ち、栄養価も下がってしまいます。
生ローヤルゼリーは瓶詰めで販売されるのがほとんどなので、取り出す際に使うスプーンなどの衛生状態にも配慮が必要です。

家庭で冷凍する際は、一般的な他の食材と同じように、できるだけ時間をかけず一気に冷凍したほうが品質を保ちやすいです。 また一度冷凍・解凍したものを再度冷凍・解凍するとコンディションが格段に落ちてしまいます。解凍したら使い切ってしまいましょう。

一方、保存が利くように乾燥加工されたローヤルゼリーの場合は、圧倒的に賞味期限が長く、新鮮なまま品質を保持することができます。

1-3.持ち運びにくい
生ローヤルゼリーは持ち運びしにくいというのも弱点の一つです。 瓶ごと持ち運ぶのは面倒ですし、常温では日持ちしない上、食べる際に清潔なスプーンなどが必要なので、生ローヤルゼリーを自宅の外に持ち出すのは現実的ではありません。 ローヤルゼリーは毎日摂取するのが理想的なので、普段は生ローヤルゼリーを利用していても、出張や旅行などで自宅を離れる際は、生タイプでないローヤルゼリーを活用するとよいでしょう。

1-4.値段が高い
最後に、生ローヤルゼリーは加工ローヤルゼリーと比べてコストが高くなりがちです。 産地や品質によって値段はピンキリですが、保存や運送が難しいため、高価な商品がほとんどです。 また、生ローヤルゼリーはある程度の量が入った瓶づめの状態で販売されており、賞味期限も短めなので、特に一人で消費する場合には工夫が必要です。

◆おすすめ記事◆