ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーに含まれるイソロイシンとは

ローヤルゼリーには必須アミノ酸のひとつで、バリン、ロイシンと共に分岐鎖アミノ酸(BCAA)に含まれるイソロイシンという成分が含まれています。イソロイシンとはどんな特徴と効果があるのでしょうか。

1. 必須アミノ酸


アミノ酸は人の体の約20%を占めるたんぱく質の最小の単位です。筋肉、内臓、 髪の毛、皮膚、爪、血液などはアミノ酸で構成されています。

自然界には約500種類にものぼるアミノ酸が存在していますが、そのうち20種類が人の体を構成し生命を維持しています。更にその20種類のアミノ酸のうち9種類は人の体内では作ることができず、食べ物から摂取する必要があり、必須アミノ酸と呼ばれています。

イソロイシン


(1) 分岐鎖アミノ酸とは?
ローヤルゼリーは9種類の必須アミノ酸すべてを含んでいます。その中のイソロイシンはバリン、ロイシンと共に分岐鎖アミノ酸とされ、英語のBranched Chain Amino Acidsのそれぞれの頭文字を取りBCAAと呼ばれています。 この3種は分子の構造が枝わかれしているところから分岐鎖アミノ酸という名前がつきました。

BCAAはスポーツ系のサプリメントや健康食品に配合されているのをよく見かけるように、筋肉を動かす源となり、筋肉の基礎となって筋たんぱく質を合成します。


(2) イソロイシンの効果、効能
(a) 成長促進
イソロイシンは成長を促す甲状腺ホルモンを分泌し、筋肉の成長を促進します。

(b) 疲労回復
蓄えられたグリコーゲンを必要に応じ糖に変換し、疲労の回復に作用します。

(c) 神経機能を補助
神経の働きを助け、判断力や反射の速度を早め、集中力を高めます。

(d) 肝機能強化
肝臓のたんぱく質の合成を促進し、肝機能を高める働きがあります。

(e) 糖尿病予防
血糖値の上昇を抑え、糖尿病を予防します。

(f) 美肌、美髪、強い爪を作る効果
イソロイシンは肌、髪の毛、爪を作る基礎となり、これらの健康を保つ働きがあります。


(3) イソロイシンを含む食品
ローヤルゼリーのほかにイソロイシンを含む食品は、チーズ、牛乳、鶏肉、鮭などがあります。通常の食事をしている限り、イソロイシンが不足する心配はありません。

極端なダイエットなどで、万が一イソロイシンが不足するとスタミナが不足し、疲労感があり、皮膚のトラブルを起こす可能性があります。


(4) イソロイシンの摂取量
イソロイシンの摂取量は目安として体重1kgあたり20mgとされ、成人は一日に0.5〜0.7g程度の摂取が必要といわれています。

イソロイシンを含む分岐鎖アミノ酸はバランスが非常に大切で、イソロイシンだけを多く摂ってもその効果は発揮されず、かえって健康を害する危険があります。すべてのアミノ酸をバランス良く摂ることが、その効果を得る鍵となります。

ローヤルゼリーとイソロイシン

イソロイシンをはじめ、分岐鎖アミノ酸(BCAA)を含むローヤルゼリーは筋肉の成長や疲労回復、成長促進に有効で、スポーツをする人にとっても運動能力を高める効果が期待できる食品です。
筋肉は加齢と共に低下していきますので、適度な運動を日課に取り入れ、栄養バランスの取れた食事にローヤルゼリーを補助的に継続して摂取すると、その効果を効率的に生かすことができるでしょう。