ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーで肩凝り改善

肩こりに悩まされている日本人は非常に多く、その数は年々増加中です。肩こりは姿勢や運動不足などの生活習慣が深く関係しているといわれています。 改善方法は色々とありますが、ローヤルゼリーも肩こりの改善に効果があります。肩こりでお悩みの方 、ローヤルゼリーを試してみませんか?

肩こりのさまざまな原因

肩こりは、首と肩周辺の筋肉の緊張から血管や神経が圧迫を受け、血液の循環が滞ることにより起こります。肩こりは以下のような原因が考えられます。

(1) 猫背の姿勢
人の頭の重さは体重の約10%もあり、何もしていなくても首には相当の負荷がかかっています。長時間のデスクワークやパソコン、スマホ操作ではどうしても猫背になり、そのため首にかかる負担は気がつかないうちに少しずつ増えていきます。首の筋肉が常に緊張状態に置かれることは、肩こりの大きな原因のひとつです。

(2) ストレス
ストレスは自律神経のバランスを崩し、交感神経の働きを強めます。交感神経の働きが強まると筋肉が緊張し、血液の循環が悪くなります。血行不良は肩こりの原因です。

(3) 更年期障害
肩こりは更年期障害の症状のひとつです。更年期になるとホルモンのバランスが崩れ、血液の循環が悪くなることから肩こりが起きます。

(4) 冷え
冷えは肩こりの原因です。冷え性は女性に多いですが、元々、筋肉量の少ない女性は、筋肉の運動により血液を心臓に戻す機能に障害が起きることが多く、男性に比べ、血行不良から冷え性になりやすいといわれています。冷えるとさらに血液の循環が悪くなり肩こりがひどくなるという悪循環に陥ります。

(5) 内臓の病気
狭心症や心筋梗塞、肝臓病、肺炎、肺がんなどの病気になると、肩こりの症状が起きることがあります。内臓の病気からくる肩こりは医療機関の受診が必要です。

肩こりを改善するローヤルゼリーの三つの成分

(1) デセン酸
デセン酸はローヤルゼリーにのみ含まれる特有成分で、デセン酸の含有量によりローヤルゼリーの品質が決定されます。デセン酸は女性ホルモンに似た働きがあり、ホルモンバランスの乱れや更年期障害からくる肩こりの改善に効果を発揮します。またデセン酸は血行を促進する作用があり、冷え性と肩こりの改善に働きます。

(2) アセチルコリン
アセチルコリンは神経伝達物質で、副交感神経の末端から分泌され、自律神経のバランスを整える作用があり、冷え性や肩こりの改善に効果があります。

(3) パントテン酸
パントテン酸はビタミンB群に属し、血行を促進し冷え性を改善し、冷えからくる肩こりを改善する効果があります。

肩こりと生活習慣の改善

ローヤルゼリーは食品なので、飲むだけで肩こりが改善するわけではありません。肩こりの改善には生活習慣を見直すことがとても大切です。まず、猫背にならないように姿勢に気をつけることからはじめましょう。職場での長時間のデスクワーク中、一時間に一度は座ったままでもいいので伸びをし、頭と肩を両方向にゆっくりと回してみましょう。

家庭ではあぐらや横座りなど猫背になりやすい姿勢を避け、長時間同じ姿勢を取らないように心がけましょう。ほんの少しの心がけで、首や肩への負担は軽減できます。それと同時にローヤルゼリーを摂取すると、体の内外、両方から肩こりの改善へと効果的に繋げることができます。ローヤルゼリーはある程度継続的に摂取することにより、肩こり改善の効果が実感できます。